血液検査で分かること

血液検査で分かること

CRE(クレアチニン)とは?血液検査で測定される重要な項目

CRE(クレアチニン)とは何ですか? CRE(クレアチニン)とは何ですか? クレアチニンは、私たちの筋肉の代謝産物であり、主に腎臓で排泄されます。クレアチニンは通常、血液中に存在し、その濃度は腎機能の指標として使用されます。腎臓は、体内の老廃物や余分な水分を排泄する重要な役割を果たしています。クレアチニンの濃度は、腎臓がこれらの機能を適切に果たしているかどうかを評価するために測定されます。 クレアチニンの正常範囲は、性別や年齢によって異なります。一般的に、成人の場合、男性のク...
血液検査で分かること

ALT(アラニントランスアミナーゼ)とは?血液検査での重要性と異常値の意味

ALT(アラニントランスアミナーゼ)とは何ですか? ALT(アラニントランスアミナーゼ)は、肝臓や筋肉などの細胞内で産生される酵素であり、血液中のALTレベルは肝機能の評価に使用されます。正常なALTレベルは、男性で10〜40 U/L、女性で7〜35 U/Lです。これらの範囲を超える高いALTレベルは、肝臓疾患や他の健康問題を示す可能性があります。 肝臓は、体内で多くの重要な機能を果たしており、肝臓疾患は重篤な影響を及ぼす可能性があります。ALTの異常値は、肝炎、脂肪肝、肝硬...
血液検査で分かること

AST(アスパラギン酸トランスアミナーゼ)とは?血液検査での重要性と解釈方法

AST(アスパラギン酸トランスアミナーゼ)とは何ですか? AST(アスパラギン酸トランスアミナーゼ)は、肝臓、心臓、筋肉などの細胞で産生される酵素です。ASTは細胞の損傷や疾患の指標として使用され、血液検査で測定されます。 一般的に、ASTの正常範囲は男性では10〜40 U/L、女性では9〜32 U/Lです。ASTのレベルが正常範囲を超える場合、肝臓疾患や心臓疾患などの可能性があります。しかし、ASTの上昇は単独で診断を立てることはできません。他の血液検査結果や臨床症状との関...
血液検査で分かること

血液検査の項目K(カリウム)の意味と重要性

血液検査の項目とは 血液検査は、医師が患者の健康状態を評価するために頻繁に行われる検査の一つです。血液検査では、血液中の特定の成分や指標を測定するための項目があります。これらの項目は、患者の体内の状態や病気の有無を判断するために重要な情報を提供します。 血液検査の項目K(カリウム)は、血液中のカリウム濃度を測定するための項目です。カリウムは、体内の細胞内液や神経、筋肉の正常な機能を維持するために重要な役割を果たしています。カリウムは、神経の興奮や筋肉の収縮に関与しており、正常...
血液検査で分かること

血液検査の項目Glu(血糖)の意味と重要性

血糖とは何か? 血糖とは何か?血糖は、血液中に含まれるブドウ糖(グルコース)の濃度を指します。ブドウ糖は私たちの体にとって重要なエネルギー源であり、細胞の機能を維持するために必要です。血糖の濃度は、食事や運動などの要因によって変動します。 血糖の正常範囲は、空腹時で70〜100 mg/dL、食後2時間以内で140 mg/dL以下とされています。これらの範囲内に収まることは、健康な代謝機能を示しています。しかし、血糖値が異常に高い場合、糖尿病の可能性があります。糖尿病は、インス...
血液検査で分かること

CRP(C反応性蛋白)とは?血液検査で何を示すのか

CRP(C反応性蛋白)とは何ですか? CRP(C反応性蛋白)は、肝臓で産生されるタンパク質であり、炎症や感染症の指標として広く用いられる血液検査の一つです。CRPの測定は、炎症性疾患の診断や治療効果のモニタリングに役立ちます。 CRPの上昇は、体内で炎症反応が起こっていることを示す可能性があります。炎症や感染症が発生すると、免疫系が活性化され、CRPの産生が増加します。CRPは、炎症部位に集まり、炎症の進行や治癒の過程を調節する役割を果たします。 CRPの測定は比較的簡単で、...
血液検査で分かること

血液検査の項目NEUT%(好中球)とは?その意味と重要性について解説

NEUT%(好中球)とは何か NEUT%(好中球)とは、血液検査の項目の一つであり、好中球の割合を示す指標です。血液検査では、赤血球、白血球、血小板などの様々な項目が測定されますが、その中でもNEUT%は特に重要な情報を提供します。 好中球は、白血球の一種であり、免疫応答や感染症の防御に重要な役割を果たしています。感染症が疑われる場合や炎症が起こっている場合、好中球の数や割合が増加することがあります。これは、免疫系が活性化し、病原体と戦っていることを示しています。 一方、NE...
血液検査で分かること

血液検査の項目インスリンについて知ろう

インスリンとは何ですか? インスリンとは、私たちの体内で重要な役割を果たすホルモンです。膵臓によって作られ、血糖値の調節に関与しています。血糖値は、私たちが摂取した食事から得られるブドウ糖の量によって上昇します。血糖値が高くなると、膵臓はインスリンを分泌し、血糖値を下げる働きをします。 インスリンの主な機能は、血糖値を下げることと、細胞にブドウ糖を取り込ませることです。血糖値が上昇すると、インスリンは血液中のブドウ糖を細胞に取り込ませるためのシグナルを送ります。細胞はこのシグ...
血液検査で分かること

CA125(糖鎖抗原125)とは?血液検査での意味と重要性

CA125とは何ですか? CA125とは、糖鎖抗原125の略称であり、特定のがんの診断や経過観察に使用される血液検査のマーカーです。主に卵巣がんの診断や治療効果の評価に利用されますが、他のがんや一部の非がん性疾患でも上昇することがあります。 CA125の正常値は一般的に35 U/mL以下とされています。しかし、正常値を超える高値が検出された場合、がんの存在や進行を示唆する可能性があります。ただし、高値が検出されたからといって必ずしもがんであるとは限りません。CA125の値は他...
血液検査で分かること

FT4(遊離サイロキシン)とは?血液検査での重要性と解釈のポイント

FT4(遊離サイロキシン)とは何ですか? FT4(遊離サイロキシン)は、甲状腺ホルモンの一種であり、血液検査で測定される重要な指標です。甲状腺は私たちの体内で重要な役割を果たしており、甲状腺ホルモンは代謝や成長、体温調節などの機能に関与しています。FT4の測定は、甲状腺機能の評価や甲状腺疾患の診断に役立ちます。 FT4の正常範囲は、検査方法によって異なる場合があります。一般的には、0.8〜1.8 ng/dLの範囲が正常とされていますが、検査所や病院によっては異なる値が示される...
血液検査で分かること

COR(コルチゾール)血液検査の意味と重要性

コルチゾールの役割と重要性 コルチゾールは、副腎皮質から分泌されるホルモンであり、私たちの体内でさまざまな重要な役割を果たしています。主にストレス応答や免疫機能の調節に関与しており、私たちの身体が外部のストレスに対応するために必要なエネルギーを供給する役割を果たしています。 COR(コルチゾール)血液検査は、コルチゾールのレベルを測定することで、私たちのストレスレベルや副腎機能の異常を評価するために行われます。この検査は、一般的には朝の時間帯に行われることが多く、通常は採血に...
血液検査で分かること

血液検査の項目TBil(総ビリルビン)とは?意味や正常値、異常の原因について解説

TBil(総ビリルビン)とは何ですか? TBil(総ビリルビン)とは何ですか? TBil(総ビリルビン)は、肝臓で生成される黄色の色素であり、血液中のビリルビンの総量を示す指標です。ビリルビンは、赤血球の老廃物であるヘモグロビンを分解する過程で生成されます。肝臓は、ビリルビンを処理し、胆汁として排出する役割を果たしています。 TBilの正常な範囲は、成人では0.3〜1.2 mg/dLです。この範囲内に収まる場合、肝臓や胆道に異常はないと考えられます。しかし、TBilの値が異常...
血液検査で分かること

MCHC(平均赤血球血色素濃度)とは?血液検査での重要な項目について

MCHCとは何ですか? MCHCは、平均赤血球血色素濃度(Mean Corpuscular Hemoglobin Concentration)の略称であり、血液検査の重要な項目の一つです。MCHCは、赤血球内のヘモグロビンの濃度を測定することで算出されます。ヘモグロビンは、酸素を運ぶために赤血球内に存在するタンパク質であり、MCHCはその濃度を示す指標です。 MCHCの正常範囲は、一般的に32〜36 g/dLとされています。この範囲内にある場合、赤血球内のヘモグロビンの濃度は...
血液検査で分かること

LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)とは?血液検査での意味と重要性

LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)とは LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)は、血液検査で測定される酵素の一種です。この酵素は、白血球の活性化と成熟を促進する役割を果たしています。LAPの測定は、炎症や感染症、骨髄異常などの病気の診断や経過観察に役立ちます。 LAPの正常範囲は、一般的には10~100 U/Lとされています。しかし、個々の病院や検査所によって異なる場合もありますので、医師の指示に従って解釈する必要があります。 LAPの値が高い場合、炎症や感染症が疑われます。...
血液検査で分かること

TIBC(総鉄結合能)とは?血液検査での重要な項目について

TIBC(総鉄結合能)とは何ですか? TIBC(総鉄結合能)は、血液検査で測定される重要な項目の一つです。TIBCは、体内の鉄の結合能力を示す指標であり、貧血や鉄代謝の異常を評価するために使用されます。 TIBCの測定は、一般的に血液サンプルを採取し、専門の検査機関で行われます。この検査では、血液中の鉄結合能力を測定するために、特定の試薬を使用します。TIBCの値は、血液中の鉄結合能力を示し、鉄がどれだけ結合できるかを示す指標となります。 TIBCの正常値は、性別や年齢によっ...
血液検査で分かること

HIV抗原抗体検査とは?正確な結果を得るためのポイントとは

HIV抗原抗体検査とは HIV抗原抗体検査は、HIV感染の有無を確認するための一般的な検査方法です。この検査は、HIVの抗原と抗体を検出することによって感染の有無を判断します。 HIV抗原とは、HIVウイルス自体が産生するタンパク質のことです。一方、HIV抗体は、感染者の免疫系がウイルスに対抗するために作り出す抗体です。検査では、血液サンプルを採取し、この抗原と抗体を検出します。 正確な結果を得るためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。まず、検査のタイミングが重...
血液検査で分かること

血液検査の項目DBil(直接ビリルビン)とは?意味や正常値、異常の原因について解説

DBil(直接ビリルビン)とは DBil(直接ビリルビン)は、肝臓で生成される胆汁の一部であり、黄疸の原因となることがあります。ビリルビンは、赤血球の老廃物であるヘモグロビンを分解する際に生成される物質であり、肝臓で処理されて胆汁として排出されます。ビリルビンは、直接ビリルビン(DBil)と間接ビリルビン(IDBil)の2つの形態に存在します。 正常な範囲では、DBilの値は非常に低く、通常は0.1 mg/dL以下です。異常な上昇が見られる場合、肝臓や胆道系の問題を示す可能性...
血液検査で分かること

血液検査の項目RBC(赤血球数)の意味と重要性

RBC(赤血球数)とは何ですか? RBC(赤血球数)は、血液中の赤血球の数を示す指標です。赤血球は酸素を運ぶ役割を果たし、体内の細胞に酸素を供給する重要な役割を果たしています。RBCの測定は、一般的な血液検査の一部であり、健康状態や疾患の診断に重要な役割を果たします。 一般的に、成人男性の正常なRBCの範囲は、4.5-5.5百万/μLであり、成人女性の場合は4.0-5.0百万/μLです。これらの範囲は、一般的な基準値であり、病院や検査所によって異なる場合があります。異常なRB...
血液検査で分かること

KL-6(シアル化糖鎖抗原KL-6)とは?血液検査で何を調べるの?

KL-6とは? KL-6とは、シアル化糖鎖抗原の一種であり、肺の疾患の診断や経過観察に使用される重要なバイオマーカーです。シアル化糖鎖抗原は、細胞表面に存在する糖鎖の一部であり、特定の疾患や炎症の状態を反映することが知られています。 KL-6の血液検査は、特に間質性肺疾患や肺胞蛋白症の診断に有用です。間質性肺疾患は、肺の組織や肺胞の間に炎症や線維化が起こる疾患の総称であり、肺胞蛋白症は肺胞内に異常なタンパク質が蓄積する疾患です。これらの疾患では、KL-6の血中濃度が上昇するこ...
血液検査で分かること

C3(補体因子C3c)血液検査の意味と重要性

C3(補体因子C3c)とは何ですか? C3(補体因子C3c)とは何ですか? C3(補体因子C3c)は、免疫系の一部である補体系の重要な成分です。補体系は、体内の異物や細菌に対する免疫応答を調節する役割を果たしています。C3は、補体系の中でも特に重要な因子であり、炎症や免疫応答の活性化に関与しています。 C3cは、C3分子の分解産物であり、C3の活性化や分解が起こると生成されます。C3cは、血液中に存在し、炎症や免疫応答の活性化を示す指標として使用されます。C3cの量は、炎症性...
血液検査で分かること

HbA1c(グリコヘモグロビンA1c)とは?血液検査で重要な項目の意味とは

HbA1cとは何ですか? HbA1cとは、グリコヘモグロビンA1cの略で、血液中の糖化ヘモグロビンの割合を示す指標です。糖化ヘモグロビンは、赤血球内のヘモグロビンと血糖との結合物であり、赤血球の寿命が約3ヶ月であることから、HbA1cの値は過去3ヶ月間の平均血糖値を反映します。 HbA1cの測定は、糖尿病の診断や治療の管理に重要な役割を果たします。糖尿病は、血糖値のコントロールが不十分な状態が続くことで、合併症のリスクが高まる病気です。HbA1cの値が高いほど、血糖コントロー...
血液検査で分かること

APTT-S(活性化部分トロンボプラスチン時間)とは?血液検査の重要な項目を解説

APTT-Sとは何ですか? APTT-Sは、血液凝固機能を評価するための重要な検査項目の一つです。APTT-Sは、活性化部分トロンボプラスチン時間の略で、血液凝固の適切な機能を評価するために使用されます。この検査は、血液凝固の各段階でのタンパク質や因子の活性を測定し、凝固機能の異常を検出するために行われます。 APTT-Sの正常範囲は、病院や検査所によって異なる場合がありますが、一般的には25〜35秒です。この範囲内の結果は、血液凝固機能が正常であることを示しています。しかし...
血液検査で分かること

C4(補体因子C4)とは?血液検査での重要性と解釈のポイント

C4(補体因子C4)とは何ですか? C4(補体因子C4)は、免疫系の一部である補体系に関与するタンパク質です。補体系は、体内の異物や細菌に対する免疫応答を調節する重要な役割を果たしています。C4は、補体系の活性化において重要な役割を果たし、炎症や免疫応答の調節に関与しています。 血液検査でC4のレベルを測定することは、免疫系の異常や特定の疾患の診断に役立ちます。C4のレベルが低い場合、補体系の異常や免疫不全症の可能性があります。一方、C4のレベルが高い場合、炎症性疾患や自己免...
血液検査で分かること

血液検査の項目PLT(血小板数)とは?正常値や異常値の意味を解説

血液検査の基本とは 血液検査は、医師が疾患の診断や健康状態の評価を行うために頻繁に使用する重要な検査方法です。血液検査では、血液中のさまざまな成分や指標を測定し、異常がある場合にそれを特定することができます。 血液検査の項目の一つであるPLT(血小板数)は、血液凝固に関与する血小板の数を測定する指標です。血小板は、血液凝固や血管の修復に重要な役割を果たしています。PLTの測定は、血液中の血小板の数をカウントし、その数が正常範囲内にあるかどうかを判断することができます。 正常な...