血液検査

血液検査で分かること

血液検査の項目NEUT%(好中球)とは?その意味と重要性について解説

NEUT%(好中球)とは何か NEUT%(好中球)とは、血液検査の項目の一つであり、好中球の割合を示す指標です。血液検査では、赤血球、白血球、血小板などの様々な項目が測定されますが、その中でもNEUT%は特に重要な情報を提供します。 好中球は、白血球の一種であり、免疫応答や感染症の防御に重要な役割を果たしています。感染症が疑われる場合や炎症が起こっている場合、好中球の数や割合が増加することがあります。これは、免疫系が活性化し、病原体と戦っていることを示しています。 一方、NE...
血液検査で分かること

血液検査の項目FIB(フィブリノーゲン)とは?意味や重要性について解説

FIB(フィブリノーゲン)とは何ですか? FIB(フィブリノーゲン)とは何ですか? FIB(フィブリノーゲン)は、血液検査の項目の一つであり、血液凝固に関与するタンパク質です。血液凝固は、出血を止めるために重要なプロセスであり、フィブリノーゲンはこのプロセスの中で重要な役割を果たしています。 フィブリノーゲンの測定は、血液凝固の異常や炎症の評価に役立ちます。例えば、フィブリノーゲンの量が低い場合、血液凝固が適切に行われず、出血のリスクが高まる可能性があります。一方、フィブリノ...
血液検査で分かること

HBs抗原とは?B型肝炎ウイルスの感染を知るための血液検査項目

HBs抗原とは何ですか? HBs抗原とは何ですか? HBs抗原(Hepatitis B surface antigen)は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染を検出するための血液検査項目です。HBVは、肝炎ウイルスの一種であり、感染すると肝臓に炎症を引き起こす可能性があります。HBs抗原は、HBVの表面に存在するタンパク質であり、感染の早期段階から血液中に検出されます。 HBs抗原の検査は、B型肝炎の診断や感染のスクリーニングに使用されます。この検査は、一般的に血液サンプルを採...
血液検査で分かること

血液検査の項目Fe(鉄)の意味と重要性について

血液検査の項目とは 血液検査は、医師が患者の健康状態を評価するためによく使用される検査方法です。血液検査では、血液中の特定の成分や物質の量を測定するために、様々な項目が含まれています。これらの項目は、赤血球や白血球の数、ヘモグロビン濃度、血小板数などを測定するために使用されます。 Fe(鉄)は、血液検査の項目の一つです。鉄は体内で重要な役割を果たしており、ヘモグロビンの一部として酸素を運ぶために必要です。鉄はまた、免疫機能やエネルギー生産にも関与しています。血液中の鉄の量を測...
血液検査で分かること

MCH(平均赤血球血色素量)とは?血液検査での重要な項目について

MCHとは何ですか? MCHは、平均赤血球血色素量(Mean Corpuscular Hemoglobin)の略称であり、赤血球内のヘモグロビンの平均量を示す指標です。ヘモグロビンは、酸素を運ぶために赤血球内に存在するタンパク質であり、赤血球の色を与えるものです。MCHの値は、赤血球内のヘモグロビン量の変動を示すことができます。 MCHの値は、血液検査で測定されます。通常、血液検査では赤血球の数や形状、ヘモグロビン量など、さまざまなパラメータが測定されますが、MCHはその中の...
血液検査で分かること

血液検査の項目CHE(コリンエステラーゼ)とは?意味や検査結果の解釈について解説

CHE(コリンエステラーゼ)とは何ですか? CHE(コリンエステラーゼ)は、血液中のコリンエステラーゼ酵素の活性を測定する血液検査の項目です。コリンエステラーゼは、主に神経系や肝臓で産生される酵素であり、アセチルコリンという神経伝達物質の分解を助ける役割を持っています。 CHEの測定は、神経系や肝臓の疾患を評価するために行われます。神経系の疾患では、筋力低下や筋肉の痙攣などの症状が現れることがあります。また、肝臓の疾患では、肝機能の低下や黄疸などの症状が現れることがあります。...
血液検査で分かること

LDL-C(LDLコレステロール)とは?血液検査での重要な項目について

LDL-Cとは何ですか? LDL-Cとは、LDLコレステロールの略称です。コレステロールは体内で生成される脂質であり、細胞膜の構成要素やホルモンの合成に必要な物質です。しかし、LDLコレステロールは通常「悪玉コレステロールとして知られており、高いレベルが血液中に存在すると、動脈硬化や心血管疾患のリスクを増加させる可能性があります。 血液検査では、LDL-Cの量を測定することができます。一般的には、LDL-Cの目標値は個人のリスク要因や既存の疾患に基づいて異なります。一般的な目...
血液検査で分かること

HCV抗体検査とは?C型肝炎ウイルスの感染を早期に発見する方法

HCV抗体検査とは HCV抗体検査とは、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染を早期に発見するための重要な方法です。HCVは、肝炎ウイルスの一種であり、感染すると肝臓に損傷を与える可能性があります。HCV抗体検査は、血液サンプルを使用して行われ、HCVに感染しているかどうかを確認することができます。 HCV抗体検査は、感染の早期段階での治療や感染拡大の予防に役立ちます。HCV感染は、しばしば無症状で進行し、重篤な肝炎や肝硬変、肝臓がんなどの合併症を引き起こす可能性があります。しかし...
血液検査で分かること

血液検査の項目EOSINO(好酸球)の意味と重要性

好酸球とは何か 好酸球とは何か 好酸球は、白血球の一種であり、血液検査の項目の一つであるEOSINO(好酸球)の値として測定されます。好酸球は、主に骨髄で生成され、血液中を循環しています。その名前の通り、好酸性の染色剤に反応することが特徴です。 好酸球は、免疫応答やアレルギー反応に関与しています。免疫応答では、好酸球は異物や感染症に対して攻撃を行い、炎症を引き起こすことがあります。また、アレルギー反応では、アレルゲンに対する過剰な反応が起こり、好酸球が増加することがあります。...
血液検査で分かること

MCHC(平均赤血球血色素濃度)とは?血液検査での重要な項目について

MCHCとは何ですか? MCHCは、平均赤血球血色素濃度(Mean Corpuscular Hemoglobin Concentration)の略称であり、血液検査の重要な項目の一つです。MCHCは、赤血球内のヘモグロビンの濃度を測定することで算出されます。ヘモグロビンは、酸素を運ぶために赤血球内に存在するタンパク質であり、MCHCはその濃度を示す指標です。 MCHCの正常範囲は、一般的に32〜36 g/dLとされています。この範囲内にある場合、赤血球内のヘモグロビンの濃度は...
血液検査で分かること

血液検査の項目MONO(単球)とは?正常値や異常値の意味を解説

血液検査の基本とは 血液検査は、医師が疾患の診断や健康状態の評価を行うために頻繁に利用する検査方法です。この検査では、血液中の様々な成分や物質の量を測定し、その結果をもとに病気の有無や進行度を判断することができます。 血液検査では、赤血球や白血球などの細胞成分の数や形態、ヘモグロビンや血小板などの物質の量、さらには各種の生化学的指標などが測定されます。その中でも、MONO(単球)という項目は免疫系の一部を示すものであり、異常値が見られる場合は疾患の可能性があることを示すことが...
血液検査で分かること

LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)とは?血液検査での意味と重要性

LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)とは LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)は、血液検査で測定される酵素の一種です。この酵素は、白血球の活性化と成熟を促進する役割を果たしています。LAPの測定は、炎症や感染症、骨髄異常などの病気の診断や経過観察に役立ちます。 LAPの正常範囲は、一般的には10~100 U/Lとされています。しかし、個々の病院や検査所によって異なる場合もありますので、医師の指示に従って解釈する必要があります。 LAPの値が高い場合、炎症や感染症が疑われます。...
血液検査で分かること

血液検査の項目PT(プロトロンビン時間活性度)とは?正常値や意味を解説

PT(プロトロンビン時間活性度)とは何ですか? PT(プロトロンビン時間活性度)は、血液凝固能力を評価するための検査項目です。血液凝固は、体が出血を止めるために重要なプロセスであり、凝固因子と呼ばれる特定のタンパク質が関与しています。PTの測定により、凝固因子の欠乏や凝固能力の異常を検出することができます。 PTの正常値は、検査方法や研究所によって異なる場合がありますが、一般的には10〜14秒です。この時間は、血液が凝固するまでの時間を示しています。PTの値が正常範囲内にある...
血液検査で分かること

血液検査の項目Cl(クロール)について知ろう

Cl(クロール)とは何ですか? Cl(クロール)とは何ですか? Cl(クロール)は、血液検査の項目の一つであり、血液中のクロールイオンの濃度を測定するために行われます。クロールイオンは、体内の塩分バランスを維持するために重要な役割を果たしています。クロールイオンは、主に塩(ナトリウムクロライド)として摂取され、消化器官を通って吸収されます。その後、血液中に取り込まれ、細胞内外の塩分バランスを調整するために利用されます。 クロールイオンの濃度は、通常、血液中の他の電解質とのバラ...
血液検査で分かること

HDL-C(HDLコレステロール)とは?血液検査での重要な項目

HDL-Cとは何ですか? HDL-Cとは、高密度リポ蛋白コレステロール(High-Density Lipoprotein Cholesterol)の略称です。HDL-Cは通常、「善玉コレステロールとも呼ばれ、血液中のコレステロールの一種です。HDL-Cは、動脈硬化や心血管疾患のリスクを低下させる役割を果たしています。 HDL-Cの正常範囲は、性別や年齢によって異なりますが、一般的には40 mg/dL以上が望ましいとされています。HDL-Cの値が低いと、動脈硬化のリスクが高まる...
血液検査で分かること

RF(リウマチ因子)とは?血液検査での意味と関連疾患について

RF(リウマチ因子)とは何ですか? RF(リウマチ因子)は、免疫系の異常によって産生される抗体の一種です。通常、免疫系は体内の異物や病原体に対して抗体を産生し、それらを攻撃する役割を果たします。しかし、一部の人々では免疫系が誤って自身の組織を攻撃することがあります。このような状態を自己免疫疾患と呼び、リウマチ性関節炎などの疾患がその一例です。 RFの検査は、血液検査によって行われます。この検査では、血液中のRFの量を測定し、陽性または陰性の結果を示します。RFの陽性結果は、リ...
血液検査で分かること

PIVKA II(PIVKA II)血液検査とは?正常値や意味について解説

PIVKA PIVKA II血液検査は、肝臓がんや肝硬変などの肝疾患の診断や経過観察に使用される重要な検査です。PIVKA IIは、肝臓で産生される特定のタンパク質の血中濃度を測定することで、肝臓の異常を検出することができます。 PIVKA II血液検査の正常値は通常10 mAU/mL以下です。この値を超えると、肝臓がんや肝硬変の可能性が高まることを示唆しています。高いPIVKA II値は、肝臓がんの初期段階や再発の早期発見に役立つことがあります。また、肝硬変の進行や治療効果...
血液検査で分かること

Tg(サイログロブリン)とは?血液検査での重要な項目について

Tg(サイログロブリン)とは何ですか? Tg(サイログロブリン)は、甲状腺から分泌されるタンパク質であり、血液検査で測定される重要な項目です。甲状腺がんの診断や治療経過のモニタリングにおいて、Tgの測定は非常に役立ちます。 Tgの正常値は個人によって異なりますが、通常は低い範囲にあります。一般的には、甲状腺がんのない人ではTgの値は非常に低く、ほとんど検出されません。しかし、甲状腺がんの患者では、Tgの値が上昇することがあります。 Tgの上昇は、甲状腺がんの再発や転移の兆候と...
血液検査で分かること

CYFRA(サイトケラチン19フラグメント)血液検査の意味と重要性

CYFRA血液検査の意味とは何か CYFRA血液検査は、サイトケラチン19フラグメント(CYFRA)と呼ばれるタンパク質のレベルを測定するための検査です。CYFRAは、肺細胞の一部であるケラチン19のフラグメントであり、肺がんの存在や進行度を評価するために使用されます。 CYFRA血液検査は、肺がんの診断や治療のモニタリングに非常に役立ちます。肺がんは初期段階では症状がほとんど現れないため、検査結果に基づいて早期発見することが重要です。CYFRA血液検査は、肺がんの存在を確認...
血液検査で分かること

IgA(免疫グロブリンA)血液検査の意味と重要性

IgA(免疫グロブリンA)とは何ですか? IgA(免疫グロブリンA)は、免疫系の一部であり、主に粘膜で働く抗体です。免疫系は、体内に侵入した病原体や異物に対して防御反応を起こす重要な役割を果たしています。IgAは、主に鼻や口、消化器官、呼吸器、泌尿器などの粘膜で産生され、これらの部位で感染症や病原体に対する防御を担当しています。 IgA血液検査は、IgAの量を測定することで免疫系の状態を評価するために行われます。通常、血液中のIgAの量は一定の範囲内にありますが、異常値が検出...
血液検査で分かること

BASO(好塩基球)血液検査の意味と重要性

BASO(好塩基球)とは何ですか? BASO(好塩基球)とは何ですか? BASO(好塩基球)は、白血球の一種であり、免疫系の重要な役割を果たしています。通常、血液中の白血球の割合は非常に少なく、全体の1%未満ですが、BASOはその中でもさらに少ない割合を占めています。BASOは主に骨髄で生成され、血液中を循環しています。 BASO血液検査は、炎症やアレルギー反応の評価に使用されます。通常、BASOの数値は正常範囲内にありますが、数値が異常な場合、さまざまな病気や状態を示す可能...
血液検査で分かること

血液検査の項目Glu(血糖)の意味と重要性

血糖とは何か? 血糖とは何か?血糖は、血液中に含まれるブドウ糖(グルコース)の濃度を指します。ブドウ糖は私たちの体にとって重要なエネルギー源であり、細胞の機能を維持するために必要です。血糖の濃度は、食事や運動などの要因によって変動します。 血糖の正常範囲は、空腹時で70〜100 mg/dL、食後2時間以内で140 mg/dL以下とされています。これらの範囲内に収まることは、健康な代謝機能を示しています。しかし、血糖値が異常に高い場合、糖尿病の可能性があります。糖尿病は、インス...
血液検査で分かること

血液検査の項目TBil(総ビリルビン)とは?意味や正常値、異常の原因について解説

TBil(総ビリルビン)とは何ですか? TBil(総ビリルビン)とは何ですか? TBil(総ビリルビン)は、肝臓で生成される黄色の色素であり、血液中のビリルビンの総量を示す指標です。ビリルビンは、赤血球の老廃物であるヘモグロビンを分解する過程で生成されます。肝臓は、ビリルビンを処理し、胆汁として排出する役割を果たしています。 TBilの正常な範囲は、成人では0.3〜1.2 mg/dLです。この範囲内に収まる場合、肝臓や胆道に異常はないと考えられます。しかし、TBilの値が異常...
血液検査で分かること

血液検査で見るべき!腎臓の異常のサイン

腎臓の役割と重要性 腎臓は、体内の老廃物や余分な水分を排泄する重要な役割を果たしています。また、血液中の電解質や酸塩基平衡の調整、赤血球の生成など、さまざまな機能も持っています。そのため、腎臓の異常は全身に悪影響を及ぼす可能性があります。 腎臓の異常を早期に発見するためには、定期的な血液検査が重要です。血液検査では、腎臓の機能を評価するための指標がいくつかあります。代表的な指標としては、クレアチニン、尿素窒素、尿酸などがあります。 クレアチニンは、筋肉の代謝産物であり、腎臓で...