眼科検査

眼科での検査

眼科で受ける検査 眼圧検査の意味と目的

眼圧検査の目的とは何ですか? 眼圧検査の目的とは何ですか? 眼圧検査は、眼科で行われる一般的な検査の一つです。この検査は、眼の内部の圧力を測定するために行われます。眼圧は、眼球内の液体(房水)の量と排出のバランスによって調整されます。正常な眼圧は、眼の健康を維持するために重要です。 眼圧検査の主な目的は、緑内障の早期発見と管理です。緑内障は、眼圧が高くなり、視神経が損傷を受ける病気です。この病気は進行性であり、放置すると視力の喪失につながる可能性があります。眼圧検査は、緑内障...
眼科での検査

眼科検査の種類とその意義について知ろう

眼科検査の重要性とは? 眼科検査の重要性とは、視力や眼の健康状態を評価するために行われることです。眼科検査は、早期の病気や症状の発見に役立ちます。視力の低下や眼の痛み、充血などの症状がある場合、眼科検査は特に重要ですが、定期的な検査も重要です。 眼科検査は、眼科医によって行われます。一般的には、視力テスト、眼圧測定、眼底検査、角膜の検査などが含まれます。視力テストでは、患者は遠くの文字や図形を読む能力を評価されます。眼圧測定は、緑内障のリスクを評価するために行われます。眼底検...
眼科での検査

眼科で受ける検査視野検査の意義と方法

視野検査の目的と意義 視野検査は、眼科で行われる重要な検査の一つです。この検査は、視野の異常を検出し、病気や症状の診断に役立てることを目的としています。視野検査は、線維束損傷や網膜病変などの異常を早期に発見するために重要です。 視野検査は、患者の目の前に配置された検査装置を通じて行われます。患者は一定の位置に座り、目の前に表示される光やパターンの変化に注意を払いながら、自分の視野を報告します。この検査は非常に簡単で、通常は数分から数十分で完了します。 視野検査の目的は、視野の...
眼科での検査

眼科で受ける検査 OCT(光干渉断層計)検査の意味と必要性

OCT検査の目的とは何か OCT(光干渉断層計)検査は、眼科で使用される非侵襲的な検査法です。この検査は、眼の状態を詳細に観察し、病気の早期発見や治療の効果を評価するために使用されます。 OCT検査は、網膜や視神経の断層画像を提供します。これにより、医師は病変の有無や進行具合を確認することができます。例えば、網膜剥離や網膜症などの病気の診断に役立ちます。また、糖尿病性網膜症や加齢黄斑変性などの病気の進行具合をモニタリングするためにも使用されます。 OCT検査は、他の検査法と比...
眼科での検査

眼科で受ける検査 蛍光眼底造影検査の意味と必要性

なぜ蛍光眼底造影検査が必要なのか 蛍光眼底造影検査は、眼科で行われる一種の検査であり、眼底の血管や組織の異常を詳細に観察するために行われます。この検査は、特殊な染料を使用して行われ、染料が血管に注入されることで、異常な血管の流れや病変を視覚化することができます。 なぜ蛍光眼底造影検査が必要なのかというと、眼底の異常は、重篤な疾患の兆候となることがあるからです。例えば、網膜剥離や糖尿病網膜症などの疾患では、眼底の血管や組織に異常が生じます。これらの異常は、視力の低下や失明の原因...