リハビリテーション

リハビリテーション科検査

嚥下内視鏡(VE)検査リハビリテーション科で行われる重要な検査

リハビリテーション科での嚥下内視鏡検査の目的とは? リハビリテーション科での嚥下内視鏡(VE)検査は、嚥下機能の評価と治療計画の立案に重要な役割を果たします。この検査は、食物や液体の嚥下時に起こる問題を特定し、適切なリハビリテーションプログラムを作成するために行われます。 嚥下内視鏡検査では、カメラが喉に挿入され、嚥下の動作や筋肉の働きを評価します。このカメラは、喉の内部をリアルタイムで映像として表示し、医師やリハビリテーションスタッフが嚥下の問題を観察することができます。検...
リハビリテーション科検査

リハビリテーション科の検査 運動誘発電位検査の意義と実施方法

運動誘発電位検査の意義と目的 運動誘発電位検査は、リハビリテーション科でよく使用される検査方法の一つです。この検査は神経系の機能評価に役立ち、運動障害の原因や程度を特定するのに役立ちます。 運動誘発電位検査は、神経伝達の異常や神経筋接合部の問題を検出するために使用されます。この検査では、特定の筋肉に電気刺激を与え、その筋肉の反応を測定します。これにより、神経系の異常や障害がある場合に、その異常な反応を検出することができます。 運動誘発電位検査は、神経伝達の異常や神経筋接合部の...
リハビリテーション科検査

ビデオ嚥下造影(VF)検査とは?リハビリテーション科の検査方法と意義

ビデオ嚥下造影(VF)検査の目的と意義 ビデオ嚥下造影(VF)検査は、リハビリテーション科で行われる嚥下障害の評価に使用される重要な検査方法です。この検査では、患者はバリウムを含んだ飲み物や食べ物を摂取し、リアルタイムでX線撮影されます。これにより、嚥下の過程がビデオで観察され、問題の特定と治療計画の立案に役立ちます。 VF検査は、嚥下障害の原因や進行度を評価するために非常に重要です。嚥下障害は、食物や液体を喉から胃に運ぶ際に問題がある状態を指します。これは、神経や筋肉の問題...